ニキビケアにパックは逆効果

お肌の調子を整えるためにいつもとは少し違うケアをしようということでパックを使おうと思う方は少なくないかと思います。中にはニキビケアには保湿が重要だから効率よく保湿をしようということで使用を検討するという方もいらっしゃるでしょう。しかし実はニキビケアにはパックの使用は逆効果になってしまうことがあります。

パックと聞いて多くの方がイメージするのは肌にぴったりとくっつくようなシート状のものかと思いますが、ニキビがある顔にシートを乗せてしまうとそれが刺激となって悪化してしまうことがあるのです。シートがのっているということは常にニキビと触れ合っているという事になるためそれだけでも刺激となりますし、酷いときには剥がすときなどにニキビが潰れてしまい、ニキビ跡が残ってしまう恐れもあります。

また、美容成分がたっぷり含まれているものなどはどの成分が刺激となってしまうかわからないこともあるでしょう。そのためエイジングケアなどのしっかりとしたスキンケアはニキビを治してから行ったほうが良いのです。

どうしてもしたい場合には刺激になりそうな美容成分は避けて保湿がメインのものにしてみたり、ニキビが当たる部分に切れ込みを入れてみたりといった工夫をしてみると良いかと思います。

ニキビケアの基本は保湿ですが、化粧水など日頃のお手入れだけでも十分に保湿をすることができるので無理にスペシャルなケアをする必要はないといえるでしょう。しかしクレイパックなどはニキビ肌にも効果的であるという話があるなど、にきびがある状態でも使用できるものも存在しています。

お肌の特別なお手入れはひとまず後回しにして、まずはニキビケアを重点的に行うのがお肌のためにも良いのかもしれませんね。