お尻のニキビケアはどうするのがベスト?

ニキビというと顔に出来るイメージがありますが、顔だけではなくお尻に出来ることも珍しくありません。ニキビは皮脂が多い部位に出来そうなものなのに、どうしてお尻に出来てしまうのでしょう。顔と違いお尻にニキビが出来てしまう最も大きな原因は、蒸れにより不衛生な状況を作りあげ雑菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまう事がひとつ。

そしてふたつめは、お尻に刺激が加わることで角質層が厚くなり皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなることがあげられます。ですから、お尻のニキビを予防・解消するためには以下のニキビケアを実践してみましょう。まずはお尻を清潔に保ってあげましょう。ただし、ゴシゴシ洗いや熱いお湯はさけ、泡立てた石鹸と手のひらで優しく洗ってください。

また、締め付けの厳しい下着やボトムはなるべく避け、通気性が良く肌触りの良い衣類を身につける事も大切です。スポーツなどをして汗を掻いた場合は、なるべく早く汗をシャワーで流し、洋服も着替えるようにすると効果的となります。

そして、なるべく日常生活の中でお尻に刺激を与えないように心がけてください。意外に感じるかもしれませんが、椅子に座りっぱなしなのもニキビの原因となってしまうんですよ。どうしてもデスクワークが多いという方は、適度に休息を挟んだり弾力性のある座布団などを敷いてあげるといいですね。

出来てしまったニキビは、顔用の市販のニキビ薬を使ってニキビケアする事も可能です。場所が場所だけに皮膚科を受診するのは恥ずかしいという方は、市販のニキビ薬を試してみましょう。また、顔用のニキビケア化粧品を使うのも有効です。

最近ではお尻のニキビケア専用アイテムも売っていますから、日頃からそういったアイテムを使う事も予防に繋がります。しかし、お尻のニキビは蒸れや不衛生な環境を変えなければ繰り返し出来やすいのでその点にも力をいれましょう。