お尻のニキビケアはどうするのがベスト?

ニキビというと顔に出来るイメージがありますが、顔だけではなくお尻に出来ることも珍しくありません。ニキビは皮脂が多い部位に出来そうなものなのに、どうしてお尻に出来てしまうのでしょう。顔と違いお尻にニキビが出来てしまう最も大きな原因は、蒸れにより不衛生な状況を作りあげ雑菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまう事がひとつ。

そしてふたつめは、お尻に刺激が加わることで角質層が厚くなり皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなることがあげられます。ですから、お尻のニキビを予防・解消するためには以下のニキビケアを実践してみましょう。まずはお尻を清潔に保ってあげましょう。ただし、ゴシゴシ洗いや熱いお湯はさけ、泡立てた石鹸と手のひらで優しく洗ってください。

また、締め付けの厳しい下着やボトムはなるべく避け、通気性が良く肌触りの良い衣類を身につける事も大切です。スポーツなどをして汗を掻いた場合は、なるべく早く汗をシャワーで流し、洋服も着替えるようにすると効果的となります。

そして、なるべく日常生活の中でお尻に刺激を与えないように心がけてください。意外に感じるかもしれませんが、椅子に座りっぱなしなのもニキビの原因となってしまうんですよ。どうしてもデスクワークが多いという方は、適度に休息を挟んだり弾力性のある座布団などを敷いてあげるといいですね。

出来てしまったニキビは、顔用の市販のニキビ薬を使ってニキビケアする事も可能です。場所が場所だけに皮膚科を受診するのは恥ずかしいという方は、市販のニキビ薬を試してみましょう。また、顔用のニキビケア化粧品を使うのも有効です。

最近ではお尻のニキビケア専用アイテムも売っていますから、日頃からそういったアイテムを使う事も予防に繋がります。しかし、お尻のニキビは蒸れや不衛生な環境を変えなければ繰り返し出来やすいのでその点にも力をいれましょう。

 

背中のニキビケアはどうやってやればいい?

背中というのは意外ににきびができやすい場所です。普通にきびといえば顔にできるものだと考える人がほとんどだと思います。しかし背中も顔と同じぐらい毛穴からの皮脂分泌が活発な場所なので、どうしてもニキビができやすいのです。

まして背中は自分では日頃チェックしにくい場所ですから、普通はニキビができていても気づかずに過ごしていることがほとんどなのです。背中のニキビが発覚するのは大抵友人や家族から指摘された時でしょう。いざニキビが背中にできていることを知ったとしてもニキビケアをどうすれば良いのかわからないという人も多いと思います。

まず背中のニキビケアは、基本的には顔のニキビと同じと考えて良いでしょう。まずは背中はいつも清潔にすることが重要です。寝ている時でも汗をかきやすい場所なので朝もできればシャワーを浴びて背中の毛穴を詰まらせないようにしたいものです。そしてその後は背中のニキビケア用のジェルクリームなどが販売されているので、それを使って毎日シャワーの後にお手入れをするようにしましょう。

背中のニキビケアは、まずしっかり洗い、その後で保湿目的とアクネ菌殺菌目的のための薬用クリームを使ってお手入れをするということを毎日しっかり続けることです。これを面倒がらずにしっかり続けていれば大抵1ヶ月から2ヶ月ぐらいで背中のニキビが新しくできてくることはなくなります。

そしてその後は、ニキビ跡がうっすら茶いろく残ってしまう場合もありますが、ニキビケアの薬用クリームでお手入れを続ければいずれこういった背中の色素沈着も消えてきて薄くなりますので、ニキビが治ってもすぐにニキビケアクリームの使用を中止せずにしばらくお手入れを続けていきましょう。

 

ニキビケアの化粧品について

ニキビは思春期にホルモンの関係で起こる思春期ニキビと、30代ぐらいの大人になってからできる大人ニキビの2種類があります。どちらもニキビにはかわりありませんが根本的なニキビケアは違うのです。思春期ニキビ用のニキビケア化粧品を使って大人ニキビのニキビケアをしようと思っても効果は見られないことがほとんどです。そしてその逆もしかりです。

ニキビケアはそのニキビの性質によって専用の化粧品を選ばなければいけません。ネット販売などではどちらのタイプのニキビにもそれ専用の化粧品が販売されているのがわかります。ですからしっかり確認してから購入するようにしましょう。

どちらのタイプのニキビだとしても薬用化粧品の役割は非常に重要なのです。化粧品といっても、ニキビをできにくくするため、そしてすでにできてしまったニキビを悪化させないようにして治していくという主な役割があります。普段のスキンケアをしながら、同時にニキビ肌を治してくれるのでお手入れは非常に楽なのが嬉しいところです。

ニキビケア専用の化粧品は、いわゆるスキンケアの基礎を全てまかなってくれるので普通のお肌の手入れ用の化粧品と、にきび対策用の化粧品の2種類を揃える必要がないので経済的です。ニキビケアの化粧品のラインは、さまざまなメーカーから発売されており、どれも一長一短があるようです。

この時、価格が安いものをついつい選んでしまいそうになるかもしれません。しかし安い製品よりも、より高い商品を選んだ方が防腐剤などの余計な添加物が入っていないナチュラル系のニキビケア化粧品であることが多いので、どちらかといえば少し値段が高くてもそちらを選んだ方が後々後悔しないはずです。ですからある程度こだわりをもった化粧品選びをした方が良いです。

 

敏感肌の人にぴったりのニキビケアとは?

敏感肌の人でもニキビに苦しんでいる人はいます。敏感肌の状態は乾燥がすすんで、肌のバリア機能が低下して、ダメージに弱くなっています。外部からの刺激に弱いので、ニキビの炎症を起こしやすい状態になっています。また乾燥が進んで角質層が乱れると、古い角質が毛穴に詰まりやすい状態になっていることもあります。敏感肌でもニキビになりやすいケースは多くあります。

敏感肌でもニキビケアしたい、という人は肌にダメージを与えない方法で行う必要があります。

クレンジングは刺激が強すぎず、適度なメイクオフができるクリームタイプがおすすめです。肌によくなじませてから洗顔して、クレンジングを落としましょう。また洗顔のときに摩擦を与えると肌を傷めることになります。洗顔料は刺激の少ないものを選んで、よく泡立てて使いましょう。

化粧水をたっぷり使って十分に保湿してから、さらに美容液やクリームを使います。敏感肌でニキビケアしたい人には、肌に刺激を与える成分が入っていない化粧水や美容液、クリームなどを使うといいですね。

紫外線も肌には大きなダメージを与え、乾燥を招きます。保湿成分が入ったUVクリームをつけて、紫外線対策を行っておくことも、とても大事なニキビケアになります。乾燥を防ぐことで、ニキビを予防して外部からのダメージも防ぐことができます。

すでにできてしまったニキビは触らずにそっとしておきましょう。肌の清潔な状態を保ち、規則正しい生活を心がけましょう。

敏感肌の方のニキビケアでは、しっかりと保湿して、肌の水分と油分のバランスのいい状態を作ってあげることです。気長なスキンケアが必要になりますが、ニキビケアになるだけでなく、肌の状態そのものを整えることに繋がります。

 

ニキビケアに効くクリームは、オロナイン軟膏!

ニキビケアにおける最大のポイントは、顔の油をある程度残す事です。特に成人の方のニキビは乾燥・睡眠不足・食生活が原因であることが多く、洗顔料では中々改善できません。仕事が忙しい→睡眠不足→ニキビ発生→肌乾燥→洗顔→余計に荒れるこのパターンの方は非常に多く、またこの状態になるとすぐには治りません。

ストレスやホルモンバランスまで原因になってくるので、一つケアしたくらいではどうにもならないのです。何より、ニキビが出てきた時点で既に体調を崩しているといってもいいでしょう。例外はありますが、症状が皮膚に出てくるのは最終段階だといわれています。皮膚に異常が出てきている時点で、既に内臓や髪には影響が出ているのです。

そんな状態の方にお勧めのニキビケアクリームは、オロナイン軟膏です。火傷や外傷に効く薬のイメージの方も多いと思いますが、ニキビの初期段階にもかなりの効果を発揮します。また、ニキビが出ている時点で他の皮膚部分にも何かしらの影響が出ている事が多いので、万能薬として使えます。

乾燥の肌荒れ状態なので、手を見ればささくれ(さかむけともいいます)も多いでしょう。ニキビケアだけと考えず、皮膚全体のケアをするクリームとして使えるので、持っておいて損はありません。

使用タイミングはお風呂あがり、寝る前です。できれば洗顔は水だけで軽く済ませて、特に他のクリームは使わない事をお勧めします。

また乾燥状態なので、お風呂ではサッと洗い流すだけにしておきましょう。患部は当然ですが、身体を洗うタオルもナイロン系の刺激が強い物はお勧めできません泡を身体につけるだけという感じで、擦らずに優しく洗いましょう。

ニキビケアというとそこだけに集中してしまいますが、殆どのニキビの原因は複合的なものです。クリームでニキビだけを改善しても、根本的な解決にはならないので注意しましょう。

 

ニキビケアにパックは逆効果

お肌の調子を整えるためにいつもとは少し違うケアをしようということでパックを使おうと思う方は少なくないかと思います。中にはニキビケアには保湿が重要だから効率よく保湿をしようということで使用を検討するという方もいらっしゃるでしょう。しかし実はニキビケアにはパックの使用は逆効果になってしまうことがあります。

パックと聞いて多くの方がイメージするのは肌にぴったりとくっつくようなシート状のものかと思いますが、ニキビがある顔にシートを乗せてしまうとそれが刺激となって悪化してしまうことがあるのです。シートがのっているということは常にニキビと触れ合っているという事になるためそれだけでも刺激となりますし、酷いときには剥がすときなどにニキビが潰れてしまい、ニキビ跡が残ってしまう恐れもあります。

また、美容成分がたっぷり含まれているものなどはどの成分が刺激となってしまうかわからないこともあるでしょう。そのためエイジングケアなどのしっかりとしたスキンケアはニキビを治してから行ったほうが良いのです。

どうしてもしたい場合には刺激になりそうな美容成分は避けて保湿がメインのものにしてみたり、ニキビが当たる部分に切れ込みを入れてみたりといった工夫をしてみると良いかと思います。

ニキビケアの基本は保湿ですが、化粧水など日頃のお手入れだけでも十分に保湿をすることができるので無理にスペシャルなケアをする必要はないといえるでしょう。しかしクレイパックなどはニキビ肌にも効果的であるという話があるなど、にきびがある状態でも使用できるものも存在しています。

お肌の特別なお手入れはひとまず後回しにして、まずはニキビケアを重点的に行うのがお肌のためにも良いのかもしれませんね。

 

ニキビケア洗顔後に大切な事とは

ちょっと油断すると、大人ニキビが出来易い体質なので、普段からニキビケアや洗顔には充分気をつけています。

特に私が気をつけているのはニキビケアとしての洗顔です。まず、顔や首にニキビが出来てしまうのは、洗顔料がしっかり取れていなかったり、洗顔後の肌の乾燥によってニキビが出来てしまうと思っています。

なので、ニキビケアとして洗顔をする時は洗顔フォームで洗う事よりも、洗い流す事に重点を置いています。

洗顔料が顔や首に残ると、その刺激からニキビになってしまい、悪化していくと言うパターンを経験した事があったので、私は洗い長す事の方に断然重点を置いています。

またニキビケアとしての洗顔のすすぎは、水や熱めの湯よりも、断然ぬゆま湯が肌の為にも良いと聞いたので、ぬゆま湯で丁寧にすすいで、最後の2~3すすぎは肌を引き締めると言う意味でも水を使います。

またニキビケアとして最も大切な事は洗顔後の肌乾燥です。

ニキビは洗顔料の残った刺激と、乾燥から出来るので、洗顔後はとにかく手早くケアを開始します。

私が普段からニキビケアとして使っているのは、オイルです。

オイル=ニキビが出来易くなるのではないか?と、思ってしまう人もいると思いますが、洗顔後の肌乾燥を防ぎながら、ニキビケアもしてくれるオイルは万能なのです。

洗顔後の一番最初に顔のつける物として、私はオーガニック製品のオイルを使っていますが、まずはオイルを顔全体につけてしまえば、その後のケアは急がなくても大丈夫なのです。

しっかりとオイルが顔や首の乾燥を防いでくれるのです。

その後、ゆっくりといつもの化粧水や美容液でしっかりお肌ケアします。

今は私の中でのニキビケアの最強としては、しっかり洗顔料を落として最後は水できゅっと肌を締めることと、洗顔後に最初につけるのはオイル。

この二つでしっかりニキビケアが出来ている感じています。

 

ニキビケアと化粧水について

ニキビケアの方法は人によってさまざまですが、大抵の人がまず試すのがニキビケア専用の化粧品ラインを使って毎日スキンケアをすることでしょう。ニキビケアをする際には、やはり薬用のニキビケア化粧水を使うと効果の出方が全く違います。

一般的なニキビケアの化粧水は、まず肌を潤わせる保湿成分が入っている場合が多いのですが、ニキビにはこの保湿力は非常に大切なポイントです。ニキビができている肌は一般的にオイリーなようで実は皮膚の内部は乾燥しているのです。この乾燥によって毛穴の中に汚れがたまってしまい、その汚れがニキビのもとになるアクネ菌のエサとなり、結果的にニキビが悪化してしまうことになるのです。これを予防してくれるのがニキビケアの化粧水なわけですから、いかにこの化粧水の役割が大きなものであるかがわかると思います。

ニキビケアのためには、やはりクオリティの高い化粧水を選ぶことが肝心です。同じニキビケアの化粧水でもメーカーによっては防腐剤や香料などお肌にあまり良くない添加物が配合されているものもあるのです。ニキビ肌を持っている人は、たいてい敏感肌でもあるので添加物を含んだニキビケア化粧水を使ってしまうと良くなるどころか悪化してしまう可能性も捨て切れません。ですから、購入の際にはまず化粧水の成分を細部までしっかりと確認することをおすすめします。

ニキビケアは、毎日しっかり続けることが肝心なのですが、ついつい面倒になってしまいおろそかにしてしまうこともあるかもしれません。でもニキビを綺麗に治すためには、とにかく最初が肝心です。ニキビを悪化させてしまう前に、アクネ菌の繁殖をがっちりと抑え込むようにすればニキビのない綺麗な肌を手に入れることができるのです。

 

繰り返すニキビは毛穴のキズが原因!?

ニキビと黒ずんだ毛穴が気になって、ゴシゴシと洗っていませんか?実はそれ逆効果です。ニキビはゴシゴシ洗っても治りません!爪が当たってしまうだけでも毛穴の周りにできたキズから菌が入ってしまいます。

お肌を綺麗にするには何よりも丁寧に触れることです。しっかりと泡立てた洗顔の泡を指の腹に乗せてからお肌の上に広げるだけで充分に洗浄効果があります。決してニキビを爪で引っ張ったりしてはいけませんよ。

毛穴の汚れを取ることがニキビを改善させる近道です!毛穴の汚れを取るにはやはり洗顔が大切です。面倒くさがっていては絶対に良くなりません!体は半年前の自分の行動で出来ています。焦らずにこれからの変化に期待してやってみましょう!

洗顔後は化粧水をしっかりとつけます。ここでも注意することが一つあります。お肌を叩いてはいけません。コマーシャルでよく見かけるシーンですがお肌には百害あって一利なしですよ。叩くのではなく、化粧水が馴染むように優しく指の腹で伸ばしてから手の平で押し込めるようしましょう。お肌の中にじんわりと化粧水入っていくことをイメージしてゆっくりと優しくですよ。

そして化粧水はケチってはいけません。コストパフォーマンスのよいもので構いませんので浴びるように使ってください。皆さんご存知の通り、感想はお肌の大敵です!乳液は化粧水の後に使うので潤った肌の上から薄く乗せるイメージです。

ここでもお肌をパチパチ叩いてはいけません。叩きそうになったらぐっと我慢です。お肌は時間をかけて大切に優しく扱えば必ず良くなっていきますから、焦らずに半年後の変化を待って続けていきましょう。お肌が変わると自身が今以上に持てること間違いなしです!