敏感肌の人にぴったりのニキビケアとは?

敏感肌の人でもニキビに苦しんでいる人はいます。敏感肌の状態は乾燥がすすんで、肌のバリア機能が低下して、ダメージに弱くなっています。外部からの刺激に弱いので、ニキビの炎症を起こしやすい状態になっています。また乾燥が進んで角質層が乱れると、古い角質が毛穴に詰まりやすい状態になっていることもあります。敏感肌でもニキビになりやすいケースは多くあります。

敏感肌でもニキビケアしたい、という人は肌にダメージを与えない方法で行う必要があります。

クレンジングは刺激が強すぎず、適度なメイクオフができるクリームタイプがおすすめです。肌によくなじませてから洗顔して、クレンジングを落としましょう。また洗顔のときに摩擦を与えると肌を傷めることになります。洗顔料は刺激の少ないものを選んで、よく泡立てて使いましょう。

化粧水をたっぷり使って十分に保湿してから、さらに美容液やクリームを使います。敏感肌でニキビケアしたい人には、肌に刺激を与える成分が入っていない化粧水や美容液、クリームなどを使うといいですね。

紫外線も肌には大きなダメージを与え、乾燥を招きます。保湿成分が入ったUVクリームをつけて、紫外線対策を行っておくことも、とても大事なニキビケアになります。乾燥を防ぐことで、ニキビを予防して外部からのダメージも防ぐことができます。

すでにできてしまったニキビは触らずにそっとしておきましょう。肌の清潔な状態を保ち、規則正しい生活を心がけましょう。

敏感肌の方のニキビケアでは、しっかりと保湿して、肌の水分と油分のバランスのいい状態を作ってあげることです。気長なスキンケアが必要になりますが、ニキビケアになるだけでなく、肌の状態そのものを整えることに繋がります。