ニキビケア洗顔後に大切な事とは

ちょっと油断すると、大人ニキビが出来易い体質なので、普段からニキビケアや洗顔には充分気をつけています。

特に私が気をつけているのはニキビケアとしての洗顔です。まず、顔や首にニキビが出来てしまうのは、洗顔料がしっかり取れていなかったり、洗顔後の肌の乾燥によってニキビが出来てしまうと思っています。

なので、ニキビケアとして洗顔をする時は洗顔フォームで洗う事よりも、洗い流す事に重点を置いています。

洗顔料が顔や首に残ると、その刺激からニキビになってしまい、悪化していくと言うパターンを経験した事があったので、私は洗い長す事の方に断然重点を置いています。

またニキビケアとしての洗顔のすすぎは、水や熱めの湯よりも、断然ぬゆま湯が肌の為にも良いと聞いたので、ぬゆま湯で丁寧にすすいで、最後の2~3すすぎは肌を引き締めると言う意味でも水を使います。

またニキビケアとして最も大切な事は洗顔後の肌乾燥です。

ニキビは洗顔料の残った刺激と、乾燥から出来るので、洗顔後はとにかく手早くケアを開始します。

私が普段からニキビケアとして使っているのは、オイルです。

オイル=ニキビが出来易くなるのではないか?と、思ってしまう人もいると思いますが、洗顔後の肌乾燥を防ぎながら、ニキビケアもしてくれるオイルは万能なのです。

洗顔後の一番最初に顔のつける物として、私はオーガニック製品のオイルを使っていますが、まずはオイルを顔全体につけてしまえば、その後のケアは急がなくても大丈夫なのです。

しっかりとオイルが顔や首の乾燥を防いでくれるのです。

その後、ゆっくりといつもの化粧水や美容液でしっかりお肌ケアします。

今は私の中でのニキビケアの最強としては、しっかり洗顔料を落として最後は水できゅっと肌を締めることと、洗顔後に最初につけるのはオイル。

この二つでしっかりニキビケアが出来ている感じています。