ニキビケアには肌を洗いすぎないことです

ニキビができると誰でも憂鬱な気持ちになってしまうものです。ニキビケアをしていてもニキビができる時には予期しない時にできてしまったりします。

ニキビができると、とても洗浄力の強い洗顔石鹸などでしっかりと皮脂を取り除こうとしてしまいがちですが、ニキビケアとしてはそれは間違っています。

必要な皮脂までとってしまうと、肌が異常を感じて、肌を潤そう潤そうとして、どんどん皮脂を分泌することになって、それが毛穴に詰まって、逆にニキビのもとになることがあるのです。

ニキビケアには保湿が第一です。保湿をしていると肌が潤って、必要な皮脂もそのまま肌に残るので、それ以上のニキビができることがありません。

化粧水を小分けにして重ねづけすることもいいことです。リッチなクリームよりもあっさりとした乳液で化粧水で水分を与えた肌に蓋をするような感じで塗ると効果があります。

それでもニキビができてしまったという人のためのニキビケアの一つにオロナイン軟膏があります。これは効能書きの最初に「にきび」と書いてあるだけあって、にきびにとても効果があります。肌を極端に乾燥させることがないので、皮脂が出てくることもなく、保湿性もあって、肌につけても目立たないので、日常的に使うことができるのも嬉しいものです。

肌は常に適度な保湿が必要で、極端に必要な皮脂を取り去ってしまうと、ニキビはひどくなってしまうのです。それで、化粧水などで保湿を心がけるとニキビは徐々に良くなっていくものです。洗顔してさっぱりするだけがニキビケアではありません。水分量を蓄えた肌にして、余計な皮脂を出さないことがとても大切なことになります。ニキビで悩んでいる人は保湿に気をつけましょう。